くんかま

記事一覧(36)

佐賀県・対馬暖流海水「海のまんま」の塩。

【対馬暖流の海水が「一の塩」の原料になります。】対馬暖流とは、黒潮の分流で、東シナ海を北に向かって流れている高水温・高塩分の暖流です。また、東シナ海は性質の異なる二つの水隗が各所でぶつかり合っているために生産性が高く、世界有数の好漁場になっています。対馬暖流が沿岸地域に与える恵みは計り知れません。その海水の恵みを壊すことなく、しかも低コストで自然海塩に仕上げる。誰もやらなかった、そんな夢の生産工場がついに完成しました。一の塩は数ある天然塩の中でも、対馬暖流の海水のみを使った本当の自然海塩です。最新設備のエコロジーに配慮したプラントで清潔に作られています。 自然の海のミネラルバランスが、しっかりとしたしょっぱさの中に、ほのかな甘みと奥行きのある旨みを感じさせてくれます。【自然海塩について】自然塩と呼ばれるものにはいくつかの種類があります。 ひとつは、世界の塩の60%を占める「岩塩」。岩塩は化石になるまで長い時間を必要とし、その間に海水に含まれているミネラルのほとんどが失われてしまいます。もうひとつは、「再結晶塩」。これは化学工業用に輸入された天日塩を海水に溶かし、ゴミを取り除いて再加工したもので、このタイプは自然塩として日本で多く市販されています。そして、その自然塩の中でも理想とされるのが「自然海塩」。 代表は、塩田に引き入れた海水を太陽と風で乾燥して造る、日本古来の 「 天日塩」です。「一の塩」がお届けする「自然海塩」 は、その「天日塩」と同じ工程をオートメーション化して誕生させたもの。ミネラルの含有量やバランスが、最も自然(海水)に近い状態のものが「自然海塩」なのです。●内容量:250g   ●原材料:海水   ●産 地:佐賀県加唐島★一の塩(しっとりタイプ)詳細 ★一の塩(さらさらタイプ)詳細

老舗の熟練工が時間をたっぷりかけて作った深見出汁

化学調味料・保存料・着色料は使用しておりません。昭和3年創業、鹿児島県の老舗かつお節屋さん「マルモ」。昔ながらの伝統的な製法で繊細かつ深みのある お出汁をご家庭にお届けいたします。厳選された素材による贅沢な香と旨味が感じられます。【かつお枯本節】 枯本節はいぶしたかつお節にカビ付けと天日干しを繰り返しながら、長い月日をかけて丁寧に作られています。手間ひまかけて作られた枯本節でとったおだしは、すっきりとした上品な味わいです。【特徴】 国産のいろいろな野菜を使って試行錯誤いたしました。葉物野菜特有の旨味が出るように工夫していますさらに6種の野菜以外にも味に深みを出すために、かつお枯本節、昆布、しいたけをプラス。海のもの、山のものと贅沢なお出汁の食材オールスターを贅沢に絶妙な配合でブレンドしております。【出汁の使い方】1.鍋に水と出汁パックを入れ、火にかけます。2.沸騰したら2分間煮出して、出汁パックを取り出します。【1袋あたりの水の分量】◆まるお味噌汁の場合/500cc(2~3人分)◆うどん、そばの場合/400cc(約2人分)●原材料/野菜(玉ねぎ、千切大根、キャベツ、ニンジン、ごぼう、にんにく)、食塩、デンプン分解質、かつお枯本節酵母エキス、昆布、しいたけ、粉末醤油(小麦、大豆由来含む)★老舗の熟練工が時間をたっぷりかけて作った深見出汁

昭和3年、鹿児島県の老舗出汁屋さんのあご出汁